妻の浮気を確かめたい!でも探偵を雇うつもりはない場合はどうしたら…

妻が浮気しているかもしれない。そんなとき、ささっと妻のスマホを見て浮気を確かめられたらどんなにいいでしょう。でも、たいていスマホはロックがかかっています。隠れて見ようにも、妻に気づかれたらと、勇気がでませんよね。かといって、浮気調査を探偵に頼むのも気が進みません。

探偵に依頼すると、1日でも10万円近く。調査が長引けば、もっと大きなお金がかかります。離婚や慰謝料の請求など、そこまでするほどの段階でなければ探偵には頼みたくないものです。

探偵は大げさすぎるから、自力で妻の浮気を確かめたい。浮気調査をバレずに行うには、いくつかのコツがあります。もし、誤った方法で妻に浮気を疑っているのが知られてしまっては、夫婦の信頼関係は台無しです。

あなたが、妻の浮気を自力で確かめようとしているのなら、行動する前にぜひここで紹介している気をつけるべきポイントを頭にいれてください。

まずは、浮気する妻の行動パターンを把握します。そして、確実な証拠を押さえるためにの素人の強い味方になるのが、GPSです。

ここでは、浮気する女性の心理をもとに妻の浮気を見破るポイントと、GPSの賢い活用方法をご紹介します。

自分で妻の浮気をチェックするなら、覚えておきたい心構え

妻が浮気しているかもしれない。そんなこと、考えるだけで胸が苦しくなりますよね。

あなたがこれから妻の浮気を確かめようとしているのなら、まずは覚悟を決めて下さい。妻の浮気の決定的な証拠を見つけたとき、感情的になり先走った行動をしてはいけません。その先の、更なる浮気調査や、浮気相手への慰謝料請求などで不利になる可能性があるからです。

・怒りや悲しみにの感情にのみこまれない

自力で浮気調査をすると、妻が浮気相手に送ったメールの文面や、浮気相手と一緒にいる写真を目にします。真実を突きつけられるのは、想像以上につらいものです。

心の奥底から、湧き上がるような怒りを覚えるかもしれません。すべてを投げ捨てたいくらいの、悲しみに覆われる人もいます。けれど、ここが踏ん張りどころです。浮気を確かめるのは、「妻の浮気の証拠を集める」ためだと思い出しましょう。

メールの文面で動揺し、それが態度に表れると浮気している妻はかならず気づきます。浮気の証拠の隠滅に走るかもしれません。言い逃れされないためには、最後の交渉が終わるまで、冷静な態度でいられるよう心を落ち着かせましょう。

・浮気した妻を、攻撃しない

浮気は、愛する人への裏切り行為です。妻の浮気を知った男性が、裏切られたショックで攻撃的な態度をとることがあります。具体的には、妻に暴言を吐いたり、暴力を振るったりします。

こうした攻撃的な行動は、離婚や慰謝料の話し合いでは不利な要素となります。浮気は許されないことです。しかし、怒りの感情に飲まれて暴走してはいけません。

・自分を責めすぎない

愛している妻に浮気をされると、自己評価が極端に下がります。自分のなにがわるかったのか。仕事が忙しかったからか。妻を大切にしていなかったからか。妻が浮気したショックから、その責任を感じすぎてしまいます。

そして責める気持ちが強すぎると、「俺が悪かったからだ」と、妻の浮気を周りの人に相談できなくなります。弁護士や探偵など、あなたの手助けができる立場の人へすら、話をする気力がなくなります。

浮気を確かめるのは、いまの夫婦の現状を変えるためです。もし、妻の浮気の事実を知ることでより不幸な夫婦関係を続けることになってしまうのなら、浮気の調査はしないほうがいいかもしれません。

調査をはじめたら、きっとあなたにとって「見たくなかった」真実が表れます。それに飲まれず目をそらさず、次のステップに進むという覚悟を決めましょう。

妻の浮気を自力で確かめるのに、見るべきポイント

浮気している妻には、かならず「変化」があらわれます。浮気の調査は、この変化を見つけ、妻の嘘や行動を確かめることからはじまります。

あなたの妻に、次のような言動や服装、行動の変化が表れていないでしょうか? もし該当するのもがあれば、浮気の疑惑は濃厚と考えていいでしょう。

・態度の変化:急にそっけなくなる

よく、女性の浮気は本気と言われます。夫以外の男性に惹かれた女性は、急激に家庭内で愛情を振りまくことへの興味をなくします。いわば、夫に冷めた状態です。

口では変わらぬ素振りでも、何気ない態度に妻の気持ちが表れます。最近、夫婦の距離が開いた気がするのなら、さらに妻の行動を注意して追ってみましょう。

・言動の変化:飲み会を責められなくなった

以前は口うるさく夫の飲み会に文句を言っていたのに、最近はニコニコ送り出してくれるようになった。これも、浮気している妻に起こりやすい変化です。夫が休日出勤や残業、飲み会で家にいないほど、妻は浮気する時間を確保できます。

・服装の変化:真新しいセクシーな下着が増えた

浮気している女性は、下着に気を使うようになります。妻のタンスをチェックしてみましょう。もし、あなたが見たことのないセクシーな下着が増えていたら、浮気の可能性が濃厚です。

・行動の変化:家にいない日が増えた

専業主婦であれば、習い事や友達との付き合い。仕事をしている妻なら、残業や休日出勤。浮気している妻は、あれこれ口実をつくり外出します。以前よりも帰りが遅くなった。新しい習い事によろこんで出かけている。もしそうなら、外出理由が本当か、外出先でなにをしているのか、確かめる必要があります。

こうした妻の行動が浮気によるものか確かめるのに、おすすめのチェックポイントは妻のカバンと財布の中です。浮気している妻が、カバンに避妊具や大人のおもちゃを隠し持っている可能性があります。財布の中は、ラブホテルの会員カードや、浮気相手とデートしたレシートが入っているかもしれません。

また、仕事している妻であればクレジットカードの明細をチェックしたり、給与明細の残業代から残業日数が合っているのか確かめる方法も有効です。

自分で尾行ができるならば…浮気調査の難しさは追跡すること

妻の行動を観察し、浮気の疑惑が濃厚となればその先に必要なのは「浮気現場の証拠」です。

プロの探偵は、この点に長けています。気づかれずに尾行し、浮気相手との現場を押さえます。それも、「手をつないで歩いているだけ」や「二人きりで食事をしているだけ」の現場ではありません。それだけでは、浮気の慰謝料や離婚の主張のもととなる「不貞行為の証明」には不十分です。

信頼できる探偵は、きっちりと「浮気相手と不貞行為の現場へ出入りする写真」をとってきます。

しかし、素人がそこまでするのは非常に困難です。まず、尾行自体が技術がいるものです。対象に気づかれずに尾行するには、テクニックが求められます。人混みのなかでも見失わず、電車などで気づかれてはいけません。

自力調査の最大の難点は、尾行し現場を押さえることです。疑惑が濃厚になった段階で、探偵事務所へ依頼する人もいます。しかし、最後の確実なところまで自力でやりたいという方は、GPSの利用をおすすめします。

探偵を雇わずに自力で浮気調査したいならGPSがあると心強い!

GPSときくと、大げさにおもうかもしれません。しかし、いまはネットでクリック一つで高性能のGPSが買えます。

・リアルタイム追跡か記憶型か

GPSには、現在地をリアルタイムで追跡できるものと、ログをとりだし後から確認する記憶型の2種類あります。一般的には、記憶型のほうが価格が安価です。しかし、その分「あとでGPSを確実に回収する」というリスクが伴います。妻の位置をすぐに確認するためには、リアルタイム追跡がおすすめです。短期間のレンタルも利用できます。

・車を使うなら、GPSロガー

妻が車を使って通勤していたり、休日にでかけるのであれば、車に取り付けられるGPSロガーがおすすめです。強力な磁石で、車の下側に取り付けられます。エンジンがある前方ではなく、横側や後部がいいでしょう。車の中よりも外に取り付けたほうが見つかるリスクが低くなります。

・電車通勤なら、小型GPSを

妻が電車を利用して移動するなら、小型GPSをバックやジャケットのポケットに忍ばせる方法があります。しかし、車にGPSを取り付けるよりも難易度が高くなります。カバンにいれるのであれば、普段妻が使わないであろう内ポケットなど、目立たない場所にいれましょう。

・なるべくその日のうちに回収する

仕込んだGPSを数日放置しておくと、妻に見つかる可能性が高くなります。取り付けたGPSは、なるべくその日のうちに回収しましょう。それには、あらかじめ妻の怪しい行動パターンを把握することが大切です。浮気相手と会いそうな日はいつなのか、いままでの行動から予測しておきましょう。怪しい日を狙い、GPSをとりつけ妻の居場所をチェック。事前に予測を立てることで、浮気の証拠をつかめる精度があがります。

最後に、GPSで確認できるのはあくまで妻の居場所です。しかし、浮気の慰謝料請求や離婚裁判では、GPSの記録だけでは不十分になることも。妻が浮気を認めた念書や、浮気現場の写真が必要になる可能性もあります。

浮気を確かめたいだけの場合には探偵事務所依頼は高すぎます。GPS追跡だけで済むなら探偵に頼る必要はありません。浮気の真相を知りたい。でもお金をかけたくない場合は高機能GPSをレンタルできるサービスがあるので検討してみましょう。

イチロク

→便利なGPSレンタルはこちら